>>【初回限定】マイプロテイン(1Kg)シェイカー付で2,980円

プロテインの作り置きは冷蔵庫に入れておけば大丈夫?いつまで持つ?

プロテイン作り置き冷蔵庫 プロテインの知識

毎日プロテインをシェイクして飲むの面倒だからまとめて作り置きして冷蔵庫に入れておけばいいんじゃないの?

なんて考えたことはありませんか?

これはプロテインに対する誤った認識からくる考えです。

水や牛乳に溶かして飲むいわゆるパウダータイプのプロテインを作り置きして飲むのは例え冷蔵庫で保管するとしてもおすすめしません。

今回は、プロテインパウダーはなぜ毎回シェイクして飲まなければいけないのか、なぜ作り置きしたものを飲んではいけないのか、についてお伝えしたいと思います。

この記事は

  • プロテインを作り置きして飲むのがダメな理由を知りたい。
  • 作り置きしたプロテインが実際冷蔵庫でどれぐらいもつのか知りたい。

といった人向けの記事になっています。

スポンサーリンク

プロテインを作り置きして飲んではいけない理由

雑菌や微生物が繁殖しやすくなる

我々にとってタンパク質が必要な栄養素であるように、微生物にとってもタンパク質は必よな栄養素です。

最悪な場合、プロテインに繁殖してしまった雑菌や微生物が原因で食中毒を起こす場合もあります。

変質によって栄養の効果が無くなる

水や牛乳にプロテインを溶かすと、約1時間ほどで鮮度が落ち始めて、たんぱく質の変質が始まるとされています。

プロテインは健康的な身体を維持して、本来のポテンシャルを引き出すために飲むもの。

せっかく飲むのであれば、新鮮なうちにゴクゴクと飲み干ししてしまいましょう!

味や風味が落ちる

タンパク質の変質に伴って、プロテインそのものの味や風味も確実に下がってしまいます。

プロテインでなくても普通のコーヒーやココアのような粉末タイプのドリンクであっても、作り置き用に作られていないものであれば味や風味が落ちるのを感じる人はいると思います。

たんぱく質は何種類ものアミノ酸が結合したもので、その結合は非常にデリケートなものであり、だからこそ飲んだ後、速やかに体内で分解され、身体の必要な場所に吸収されていくのです。

つまり、飲む前に液体に溶かして飲むことでプロテインのポテンシャルを大きく引き出すことが出来るのです。

ぷろねこ仙人
ぷろねこ仙人

プロテインは『シェイカーで液体に溶かして飲む』サプリなのじゃ!

プロテインの作り置きは冷蔵庫保管でも1時間が限度

トレーニング後に直ぐにプロテインを飲みたいという人や、トレーニングの間に飲む場合、あらかじめシェイクしたプロテインを冷蔵庫に入れてから1時間程度であれば問題はありません。

しかし、1時間以上経ってしまったものは廃棄するようにしましょう。

というか、プロテインを作る時間なんて1分程ですから、トレーニング終わりに作ればいい話なんですけどね(笑)。

一度にたくさん飲み切れない・・・という人は、なるべくきちんと自分が飲める量を把握してプロテインを作るようにしましょう。

外出先でもタンパク質を摂りたい!作り置きに代わる方法

単に『毎回シェイクするの面倒だから作り置きしよう!』というのではなく、外出先でプロテインを摂りたいという時もありますよね。

そこで、外出先でプロテインを摂取する方法をご紹介したいと思います。

プロテインパウダーを小分けにして持ち運ぶ

どうしても外出先でプロテインを飲みたいという場合は、プロテインをジップロック等の袋に1回分ずつ小分けにして持ち運ぶしか方法はありません。

1回分だけであればシェイカーにそのまま1食分のプロテインパウダーを入れて、おくことも出来ますが、シェイカーに水滴が残っていたり、湿気がある場所にいた場合、作り置きした時と同様にプロテインが劣化してしまいますので注意が必要です。

コンビニのプロテインドリンクを利用する

単にタンパク質を摂りたいというのであれば、コンビニで買えるプロテインドリンクもおすすめです。

しかし、コンビニで売られているプロテインドリンクはカゼインの割合が多く、身体への吸収が遅いためトレーニング直前、直後の摂取にはあまり向いていません。

プロテインバーでタンパク質を補給

固形状であるプロテインバーを活用すれば、持ち運びにも便利で、場所や時間を選ぶことなく気軽にタンパク質を摂取することが出来ます。

【まとめ】プロテインの作り置きは冷蔵庫に入れておいてもダメ絶対!

プロテインは嗜好品や清涼飲料水ではありません。

あくまでも不足しがちなタンパク質を補給するための補助食品であり、パウダー状のサプリメントであることを忘れてはいけません。

せっかくプロテインを飲むのであれば、その効果を最大限に吸収しなければもったいないですよね。

それどころか、変容したプロテインを飲んでしまって体調を崩してしまっては本末転倒です。

例え冷蔵庫で保管するとしても、プロテインを作り置きして飲むのは止めましょう。

プロテインは『飲む直前に飲む分だけ作って、その後すぐに飲み切る』が鉄則じゃ

コメント

タイトルとURLをコピーしました