>>【初回限定】マイプロテイン(1Kg)シェイカー付で1,490円

プロテインの『WPC』と『WPI』の違いと使い分け

WPCとWPIの違い プロテインの知識

一般的に流通しているプロテインにはホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインの3種類に分類されます。

その中でも身体への吸収が早く、筋トレやダイエットに向いていると言われているプロテインがホエイプロテインです。

さらに、そのホエイプロテインも製法によって2種類に分けられます。

それが、『WPCプロテイン』『WPIプロテイン』と呼ばれる2つです。

なんかプロレス団体の名前みたいっすね

今回は『WPCプロテイン』と『WPIプロテイン』の違いや、使い分けの考え方についてお伝えしたいと思います。

この記事は

  • WPCとWPIプロテインの違いを知りたい。
  • WPCとWPIプロテインの使い分け方を知りたい。
  • そして自分の目的に合ったプロテインを選びたい。

といった人向けの内容になっています。

それでは早速 WPC・WPIの違いについて見て行きましょう。

スポンサーリンク

WPC・WPIプロテインは製法が違う!

ざっくり言うとWPCとWPIの違いとはプロテイン製造における製法の違いです。

基本的にはWPC・WPIも牛乳を主原料としたホエイプロテインであることに変わりはありません。

つまり、牛乳からホエイプロテイン(乳清タンパク質)を取り出す時の方法が違うということなんです。

WPC製法とWPI製法の違いとは?

WPIはWPC(濃縮膜処理法)で分離したタンパク質をさらにイオン交換することでさらに濃いタンパク質を抽出する製法です。

濃縮膜処理法とは・・・、イオン交換とは・・・なんて話になるとかなり難しい学問的なお話になるので割愛します。

まあ、WPCよりもWPIの方が手間がかかっていて、たんぱく質含有量が高いプロテインを作ることが出来るってことですね。

メーカーによって異なりますがWPCのタンパク質含有量はおよそ80%で100g当り約80gとなっており、WPIのタンパク質含有量はおよそ90%で100g当り約90gとなっています。

WPC・WPIの特徴の違いと使い分け方

タンパク質の含有量以外にも WPC、WPIプロテインにはそれぞれ違った特徴があります。

ホエイプロテインを飲むとお腹をこわしてしまう人がいます(特に日本人に多い)。

これは乳糖不耐症と呼ばれ、牛乳に含まれる乳糖を、消化・吸収するラクターゼという消化酵素が欠乏することが原因。

WPIプロテインは純度の高いタンパク質を摂り出すことが出来るため、牛乳特有の重たさも少なくお腹をこわしにくいという大きな特徴があります。

ですので、激しいトレーニング前後にプロテインを飲むことが多い人や、1日に何度もプロテインを飲む人、グラム単位で色々な栄養素を摂りながらストイックなトレーニングを行っている人は、予算が許すのであればWPIプロテインの方がメリットが高いと言えます。

【WPIプロテインが向いている人】

  • 牛乳を飲むとお腹を下しやすい人。
  • ガチで筋トレにのめり込んでいる人。
  • 予算的に余裕がある人。

WPCプロテインのメリット

WPCプロテインのメリットとしては『値段が安い』ことがありますが、実は乳清に元々含まれるビタミンやミネラルが多く残っている状態であるというメリットもあります。

WPIだと純粋にたんぱく質が多く摂れる分、その他の栄養素も排除してしてしまっているため、他のサプリや食事で補う必要があります。

ビタミン・ミネラルも健康な身体作りには欠かせない栄養素なのじゃ。

最近のプロテインは研究も進んでいて、以前ほどWPIとの飲みやすさの違いも少ないため、コスパのことを考え一般的にはWPCプロテインを選んでいる人が多いのも事実です。

また、 乳糖不耐症 による腹痛は、ある程度の期間プロテインを飲み続けることで解消される場合もありますし、少しずつ分けて飲むことで症状を抑えることも出来ます。

【WPCプロテインが向いている人】

  • 牛乳を飲んでも特に腹痛などの症状が無い人。
  • 単純にタンパク質不足を解消するためにプロテインを飲みたい人。
  • 筋トレ初心者、健康維持のために筋トレをしている人。

【まとめ】結局『WPC』と『WPI』どっちが良いの?

WPIプロテインは筋トレ上級者が好んで飲む傾向にあります。

なぜなら、筋トレである程度の効果を感じると、1日に摂取するタンパク質やカロリーその他の栄養素をきっちり把握し、日々のトレーニングをしっかりと結果に反映させたいと思う様になるからです。

言ってしまえばWPIプロテインの方がWPCプロテインと比べると、より多くのタンパク質が摂れるため筋肥大のことだけを考えれば WPIプロテインはより効率的だと言えます。

しかし、筋トレ初心者やダイエット・健康維持のためのタンパク質補給としてプロテインを飲むのであればプロテイン習慣の継続のためにコスパ面も重要なポイントですよね。

WPCプロテインでも充分にタンパク質を摂ることは可能です。

ですので、プロテインを飲む自分の目的を改めて考えたうえで、自分に合ったプロテインを選ぶようにしましょう。

『WPC』と『WPC』 の他に『WPH製法』によるプロテインというのもありますが、これについては別記事でお伝えしたいと思います。

ダイエットや筋トレにはコスパの良いプロテインを!

マイプロテインなら初回送料無料!専用シェイカー付で1kg1490円

コメント

タイトルとURLをコピーしました